Wakudoki News

毎日の生活にワクワクドキドキして役に立つ情報をお届けします。

気象情報

スポンサードリンク

雪降りの際の1mmの降水量・その積雪量は?

明日の予報で「雪が降り、降水量が1mmと言われたら、
どの程度の降雪を想像すべきでしょうか?

雪 降水量1mm

この疑問について、24時間の積雪予測を行いました。

 

1mmの降水量が雪である場合の意味

降水量が1mmの雪は、傘を使用することを推奨されるレベルです。
雨の場合、1mmの降水量では傘を使わなくても問題ありませんが、雪では状況が異なります。

降水量1mmは、実際には1mm以上1.9mm未満の雨が含まれており、
小数点以下は観測では考慮されません。

降水量の測定は、1平方メートルのトレーを使用して、
1時間に集まる水の量で計算されます。

具体的には1時間に降る雨が1リットルの水を生成すると、
1mmの雨が降ったとされます。

しかし、雪の計測は異なり、溶けた後の水量で測定されます。
そのため、降水量1mmの時の雪の実際の量は一概には言えません。

専門用語として、この比率を雪水比ゆきみずひ)と呼びます。

雪水比とは何か?

これは、雪と雨の降水量の比率を指します。

雪水比は気温によって異なり、
暖かいときに降る湿った雪と寒いときに降る粉雪とで変わります。

低温であれば少ない降水量でも、雪の量が増えて重たい雪になります。

 

1mmの降水量での積雪量

理論上、雪で1mmの降水量は約1cmの積雪となります。
しかし、実際にはさまざまな条件により少なくなることがあります。

 

雪の質は雪水比によっても変わりますし、
風や気温によっても積雪量は異なります。

積雪量は気温が高いと溶けてしまい、
低温で風がない場合は1cm程度積もることが期待できます。

地域によっては降水量1mmで1cm以上の雪が積もることもあります。

特に寒い地域では、積雪量が異なりますので、運転時は路面の状態に注意が必要です。

雪の日の降水量1mmの影響

実際には1mmの降水量があっても、
2mm近くの雨が降る可能性があります。

この場合、積雪量は気温や風の条件によって1cmから3cm程度になり得ます。

雪水比という概念を通じて
降水量1mmが必ずしも積雪を意味するわけではないことがわかります。

特に雪の日は運転に十分注意し、
路面凍結の可能性に警戒する必要があります。

 

スポンサードリンク

-気象情報

執筆者:

関連記事

1ミリメートルの降水量の意味と傘を持参する判断基準

テレビや報道で頻繁に耳にする1ミリメートルの降水確率とは一体何を意味するのか、 そしてそれがどれだけの影響を及ぼすのかについて解説します。 この疑問は多くの人が抱えるものであり、 雨具が必要か否かの判 …

1mmの降水量がもたらす雪の量と影響について

1mmの降水量による雪の積もり方 降水量が1mmの雪がどれくらい積もるかは、気温や湿度によって変化します。 一般的には、1mmの降水量は1時間に1cm程度の雪に相当するとされていますが、実際の積雪量を …